先日、フィチン酸について書いた。フィチン酸は、有用な効果がある反面、ミネラルの吸収を妨げる働きもある。これは、動物――特に家畜――も同じなのだろうか?植物は?
野菜をたくさん食べているにもかかわらずミネラル不足と思われる症状があることと関係しているのではなかろうか?
というのも、家畜の糞にフィチン酸が多く含まれていて、これを堆肥として使った場合、植物がミネラルを吸収するのを妨げるならば、私がミネラル不足になることに合点がいく。フィチン酸を多く含む植物が家畜の飼料として使われているようですし。

昼食で、ほぼ焼き芋のみを食べると、食後に眠気を催し、夕方頃に力が入らなくなることもあれば、こうならないこともある。この違いは、サツマイモの収穫場所の違いで生じるように思われる。この症状は、ミネラル不足が原因だと考えられるということは、以前にも書いたと思う。

昨年、動物性肥料を一切使わずにサツマイモを栽培したのだが、その芋を焼き芋にして昼食で食べると、上述の症状はほとんど出なかったように記憶しているが、曖昧である。今年はそのつもりで試してみようと思う。

硝酸態窒素の問題もありますし、家畜の糞を肥料として使うのは、あまりよろしくないのではなかろうか。