トコトンやさしいミネラルの本(2006年3月 谷腰欣司)を読んだ。

ミネラルは体内で、酵素の成分として、あるいは酵素を補助するなどしている。この観点で考えた場合、私には、ミネラルが不足しているのかなと思う次第です。

ナトリウムが欠乏すると筋肉がケイレンするとのこと。
私が以前調べたところによると、足がつるなどの症状は、水分不足(脱水症状)が原因であり、水分が不足する原因は塩分不足ということだった。私は、毎朝のように足がつりそうになっていたけれど、塩をしっかり取るようにしたら、ならなくなりました。

塩に関して、『白米を主食とする日本人の食卓では、どうしても15グラムは欲しいところです。』とある。
私自身の経験では、糖質の多い食事をして、ミネラルが不足していると、数時間後に力が入らなくなったり、集中できなくなったりします。塩をしっかり取っていれば、こうはなりません。ナトリウムだけではなく、ミネラル全般が関係しているように思うのですが。

亜鉛がインスリンの貯蔵と放出に関係しているとのこと。糖尿病も、ミネラル不足が一因となっているということでしょう。

腎臓の仕組みが図で分かりやすく解説してあります。調べてもよく理解できずにいたので、自分用に簡単にメモしておきます。糸球体で原尿が作られ(1日約180リットル)、尿細管で水分を再吸収(原尿を濃縮)する。水分の再吸収量で、体内の水分量が調整されるが、限度がある。

医王石というミネラルを多量に含んだ鉱石のことが解説されています。他にもミネラル含有量の多い鉱石類が載っている。その中に、麦飯石がある。これは、水の自販機で使われているのを見たことがある。ということは、医王石を使った水の自販機もあるのだろうかと検索してみるが見つからない。なぜ?