ある個人投資家の記録

時事ネタや身近に起こった出来事などについて書きつづるブログ

2016年08月

過労や各種ストレスの末の自殺、まことに悲しいことです。
これに関して、株主資本主義の立場で考えてみます。

有能な経営者が会社の利益を考えた場合、残業や長時間労働を減らそうとするでしょう。
というのも、割増賃金が発生しますし、作業効率も悪くなりますから。

残業や長時間労働、職場でのストレス(パワハラやセクハラ)を減らし、一人ひとりの能力を十二分に引き出そうとする者を経営者に据えることが、株主の利益につながるのです。
株主が利益を追求した結果、過酷な労働環境が生じていると考える人もいるでしょうが、それは、株主が経営者の選任を誤っているととらえるべきだと思います。

株主は、人間性や経営者としての基本的な価値観にも着目して経営者を選ぶべきでしょう。

9月に日銀は総括的な検証を行うそうです。
どういった結論になるにせよ、ちょっと怖いですね。

これまでの金融政策に否定的、もしくは、肯定的だったとしても手詰まり感を意識させる内容だったら・・・・。

金融市場はどう反応するでしょうか?
いい予感はしませんが、案外無反応だったりして・・・・。

サイバーダイン(7779)の買い指し(1900円)が約定しました。

サイバーダインは、ロボットスーツ「HAL」で有名な会社です。

海外の空売り屋(シトロンリサーチ?)のレポートで、目標株価300円だそうです。
日本語のレポートを見る限り、まともな機関が出したレポートとは思えない。(UNKOとか・・・)

空売りしてからこんなレポートを出したとしたら、相場操縦なんじゃないかと思ったりもしますが、おもしろそうなので買い増しも検討。

キャタピラー(NYSE:CAT)を売却し、GDX(金鉱株ETF)を買いました。

世界的に公共工事が増えそうに思うけれど、それ以上に景気の先行きが心配。
ということで、キャタピラーを売却。
米大統領選挙のころ(11月)には政策期待に乗っかりたい。

金は、短期的には上昇しすぎに見えるけれど、まだ・・・・という気がしないでもない。
ということで、短期勝負のつもりで買ってみました。
中・長期的には買いだと思っているので、短期で売却できなくても構わないつもりです。

本日開始のWindows 10 Anniversary Updateにて、必要メモリが増えるようです。

現在は、32 ビット版は1GB、64ビット版は2GBとなっているのですが、32ビット版も2GBとなるらしい。

私は、64ビット版のWindows10を使っていて、メモリは3GBです。
最低限のシステム要件を満たせなくなる時がすぐそこまで迫っているようで嫌な感じですね。

パソコンでしていることはほとんど変わらないのに、必要な性能がどんどん上がっていくのはなぜなのでしょうか?

↑このページのトップヘ