ベジタリアンの健康探求ブログ

ベジタリアンが健康を求めて奮闘しています。

カテゴリ: 書評

ほとんど食べずに生きる人(2008年10月、柴田年彦・著 、安保徹・監修)

この本は、柴田年彦さんが行った超少食によるダイエットの記録です。
超少食を始めると、体に力が入らない、眠気、冷え、物忘れ、声が出ない、瞬間的な判断ができない、尾てい骨部分の皮膚がうろこ状になる、などの症状が出る。しかし、5ヵ月目あたりから体調がどんどん良くなり、二重丸の健康を得られたようです。体重は、徐々に減っていくが、最終的には、1日500キロカロリーで体重を維持できるようになったとのこと。

人間は、大きく分けると、「解糖系」と「ミトコンドリア系」という2つのエネルギー産生機構を持っています。超少食をし始めてしばらくの間は、さまざまな症状が出たわけですが、これは、ミトコンドリア系の働きが悪くなっているからだと思われます。ミトコンドリアは、空腹時によく増えると言われています。超少食によってミトコンドリアが増えることで、超健康体ともいうべき状態になったのだと思われます。

その時々の代表的な食事の内容が載せてあるのですが、それを見ると、1日に1食は大豆食品のない食事をしていて、大豆食品を食べない日もあるようです。これがポイントではないか、と。
というのも、私の場合、少食にすると、どこまでも体重が減り続けます。これは、ミトコンドリア系が発達できていないからではないかと思うのです。
大豆食品は、ミネラルの吸収を妨げるフィチン酸を多く含みます。また、大豆のタンパク質は、鉄分の吸収を妨げると言われています。(乳製品のタンパク質も、鉄分の吸収を妨げるようです。)
毎食、大豆食品を食べていたら、ミトコンドリア系をしっかり働かせるために必要なミネラル――特に鉄分――を確保できないのではないかと思うのです。

ミトコンドリア系をしっかり働かせるのに必要なミネラルを摂取・吸収しつつ、徐々に食事量を減らしていけば、不快な症状を経験することなく、ミトコンドリア系を発達させることができるのではないか、と。
試してみたいけれど、買いだめした大豆がまだあるので、しばらくはできそうにありません。

「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年

森美智代さんは、子どものころはやせの大食いで、たくさん食べても太らなかったそうです。そして、21歳の時に、脊髄小脳変性症という難病が発症し、断食や超少食により克服されるわけですが、当初は、断食・超少食を実施すると体重が予想以上に減り、それなりの量を食べてもなかなか戻らなかったそうです。しかし、続けるうちに体重は増えるようになり、そのため食事量を減らしていき、遂には1日に青汁1杯とサプリメント(スピレン、エビオス錠、ビタミンC)だけとなります。サプリメントに関しては、夜に少し目が見えにくいことがあって、甲田医師に相談したところ、処方されたようです。

断食をすると予想以上に体重が減り、それなりの量を食べてもなかなか戻らなかったのは、ミトコンドリア系のエネルギー産生機能が弱っていたからではないでしょうか。ミトコンドリアは、空腹時に増えると言われています。断食や少食により、ミトコンドリア系のエネルギー産生機能が向上したため、超少食でも体重が増えるようになったのではないだろうか。
他の可能性としては、詳しくは書かれていませんが、体重がなかなか戻らなかった時の食事には豆腐が含まれていて、体重が増えやすくなって以降の食事には大豆食品がありません。大豆に含まれるフィチン酸、および大豆のタンパク質は、ミネラル――特に、亜鉛や鉄など、ミトコンドリア系のエネルギー産生に重要な役割を果たすミネラル――の吸収を阻害するようですので、大豆食品の有無も関係しているのかもしれません。

『十七日間の本断食を行いました。このときは汗をかく季節だったので、水と柿の葉茶のほかに、一日六~九gの食塩をとるように指示されて摂取しました。そのおかげか体重減少は少なく、十七日間も摂取エネルギーがゼロだったのに、たった一kg減でした。』

ミトコンドリア系のエネルギー産生機能が向上して以降も、断食を行うとそれなりに体重は減少していたようですので、上記の現象は興味深い。私は経験から、ミトコンドリア系のエネルギー産生機能をしっかり働かせるためには、ミネラルが重要だと考えているのですが、それを裏付けるような現象ではないでしょうか。

草食動物は大量に食べているのに太らないが、森美智代さんは、少量の野菜で太ってしまう。森美智代さんのような人がダイエットをするにはどうすればいいのだろうか?
人間も草食動物も、体内の微生物(腸内細菌など)が食物繊維から生み出す短鎖脂肪酸をエネルギー源として使っている。短鎖脂肪酸には、脂肪細胞が糖質や脂質を取り込むのを抑える働きがある。つまり、太りにくくする作用があるということだ。草食動物が太らないのは、一日の大半を食べて過ごすことで、短鎖脂肪酸が常に供給されているからではないだろうか。森美智代さんの場合、体重の増加を抑えるために、食事の回数を変えずに量を減らしたり、食事の回数を減らすなどするから、短鎖脂肪酸の供給が少ない時間が長くなり、そのために太りやすくなっているのではないだろうか。食事の量は変えずに――むしろ増やすくらいでもいいのではないかと思うが――食事の回数を増やせば、短鎖脂肪酸が常に供給され、太りにくくなるのではないだろうか。食事の回数を増やして、たくさん食べられるようになれば、サプリメントは不要になるのではないかと思うけれど、余計なお世話でしょうね。
他に考えられるのは、筋肉量の違いでしょうか。

また、草食動物はミネラル補給のために、岩塩をなめたり土を食べたりするそうですので、慢性的にミネラル不足の状態なのかもしれません。そのため、脂肪を完全燃焼させられず、まだエネルギーが残った状態で排泄することになり、脂肪を浪費しているのかもしれません。私自身がこのような状態にあるのではないかと思っているところです。

健康と長寿の極意(2010年7月 渡部昇一、石原結實)を読んだ。

昭和三十(1955)年と比較して、糖分の摂取量は激減し、糖尿病は激増していることを挙げ、糖尿病の原因は糖分ではなく、運動不足と脂肪の摂りすぎだとしている。
私の拙い経験から物を言わせてもらうと、運動は、それによってエネルギーを消費することよりも、エネルギーを作る機能が高まることに意義があると思う。また、当ブログで何度も書いてきましたが、野菜をたくさん食べると、糖質をエネルギーとして使う機能が高まると思われる。
糖尿病は治らないものと決めつけ、糖質制限という対処療法でやり過ごすのも一つの考え方だとは思いますが、他にも選択肢はあるのではないでしょうか。

『本能を尊重した生活を心がける』、半分は同意できますが・・・・。
本能が、常識的な範囲を超えたものを要求する場合は、よくよく考えて、生活習慣を見直すべきではないか、と。

何日間か断食する場合は、自分で勝手に行ってはいけないとのこと。断食の後、少しずつ食べ物を増やして、正常食に戻す期間をどうするかが難しく、危険な事態を招くこともあるのだとか。
私が思うに、何日も断食すること自体が間違っているのではないか、と。1日3食だったものを2食にする、それも、週に1回から試してみるなど、そんな感じでいいんじゃないでしょうか。

本能との付き合い方、簡単なようで難しい。

トコトンやさしいミネラルの本(2006年3月 谷腰欣司)を読んだ。

ミネラルは体内で、酵素の成分として、あるいは酵素を補助するなどしている。この観点で考えた場合、私には、ミネラルが不足しているのかなと思う次第です。

ナトリウムが欠乏すると筋肉がケイレンするとのこと。
私が以前調べたところによると、足がつるなどの症状は、水分不足(脱水症状)が原因であり、水分が不足する原因は塩分不足ということだった。私は、毎朝のように足がつりそうになっていたけれど、塩をしっかり取るようにしたら、ならなくなりました。

塩に関して、『白米を主食とする日本人の食卓では、どうしても15グラムは欲しいところです。』とある。
私自身の経験では、糖質の多い食事をして、ミネラルが不足していると、数時間後に力が入らなくなったり、集中できなくなったりします。塩をしっかり取っていれば、こうはなりません。ナトリウムだけではなく、ミネラル全般が関係しているように思うのですが。

亜鉛がインスリンの貯蔵と放出に関係しているとのこと。糖尿病も、ミネラル不足が一因となっているということでしょう。

腎臓の仕組みが図で分かりやすく解説してあります。調べてもよく理解できずにいたので、自分用に簡単にメモしておきます。糸球体で原尿が作られ(1日約180リットル)、尿細管で水分を再吸収(原尿を濃縮)する。水分の再吸収量で、体内の水分量が調整されるが、限度がある。

医王石というミネラルを多量に含んだ鉱石のことが解説されています。他にもミネラル含有量の多い鉱石類が載っている。その中に、麦飯石がある。これは、水の自販機で使われているのを見たことがある。ということは、医王石を使った水の自販機もあるのだろうかと検索してみるが見つからない。なぜ?

本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書(2002年4月 青木皐)を読んだ。

ゴキブリ対策は、整理・整頓・清掃が大事であると、当たり前と言えば当たり前のはなし。

研究や駆除のために、たくさんのゴキブリを殺しているにもかかわらず、罪悪感はないとのこと。著者は、これをどう考えたらいいのかを探求しているようだ。
私が思うに、罪悪感というか、殺してしまうことへの疑問があるからこそ、罪悪感の問題を掘り下げているのではなかろうか。

私も、ゴキブリといえども、できれば殺したくはないと思っている。とは言え、他に手がないので、今年もホウ酸団子を購入済みである。ホウ酸団子を使わずに済むよう努力すべきですね。

著者他へのインタビュー記事を発見。ゴキブリは柑橘系のにおいが苦手で、ミントやハッカなどのハーブ類も効果的なのだそうだ。
いいことを知りました。

新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニングを読んだ。

ネット検索していると、解糖系で生じた乳酸は肝臓で糖に戻されるという話ばかりなのだが、ピルビン酸に転換してエネルギー源としても使われるとのこと。糖よりも乳酸の方が簡単に使えるエネルギー源である、と。また、運動時であっても、体内が無酸素状態になることはない、と。

ミトコンドリア系は、脂質とピルビン酸を使ってエネルギーを作るので、糖が解糖系を経てピルビン酸になるのか乳酸になるのかは、脂質が足りているかどうかが関係しているのではないかと考えていたが、脂質がどうのこうのというより、ミトコンドリア系が受け入れられる容量次第なのかも。ミトコンドリア系の容量が足りないときに乳酸という形で他の細胞――ミトコンドリア系に余裕がある細胞――に輸送して使われるのかも。

私の身体が解糖系優位に傾きがちなのは、酸素・脂質の量ではなく、血流の悪さとミネラル不足が原因なのかも。

近所の上り坂を自転車で通る時、一番重いギアでも楽々進める時もあれば、軽いギアにしないと進めない時もあります。ミネラルが足りているかどうかと関係あるのでしょうか?

NASA式 最強の健康法「座りすぎ」をやめると、脳と身体が変わるを読んだので、備忘録を。

加齢は関係ない!

加齢とともに身体に起きる変化は、年齢が原因というよりも、年を取るにつれて身体を動かさない生活になりがちなせいなのだとか。
若くても身体を動かさなければ身体の機能は衰え、その期間が長いほど、回復に要する時間も長くなると。

運動より動く!

運動と呼べるようなものでなくても、例えば、立ち上がるだけでも身体への刺激としては十分。
また、1日に消費するエネルギー全体において、立ち上がったり、物を取ったりする動きは、強度の高い運動よりもずっと大きな割合を占めているそうです。

日常的な動きの多くは無酸素運動

一般的に、「高強度の運動=無酸素運動(解糖系)」だと言われているけれど、運動をしていないときも解糖系優位の状態にあると考えなければ、私の身体の状態を説明できない。
考えてみると、例えば、有酸素運動は、20分後くらいから脂肪が使われ始めると言われているが、このことも言い換えれば、日常的な動きは無酸素運動(解糖系)ということでないかと。

ということで、生活習慣改善のヒントにしていきたい!

↑このページのトップヘ